女の見栄

こんにちは。パンドラです。これを書く今は妊娠8ヶ月の初妊婦です。

妊娠中は、普段よりも色々考え事が増えたので、感じることをまとめておいて後で懐かしく思い出して笑えたらいいなぁと思い、妊娠雑記なるものを綴ることにしました。

妊娠前に私が雑誌を読む機会は美容院くらいなものでした。

妊娠発覚後は「たまごクラブ」や「妊すぐ」を読んでちょっとは勉強しておこうと思い立ち、お金を出して本屋で買いました。妊婦雑誌を開くと先輩妊婦、先輩ママと子どもがズラリ。いわゆる読モ、読者モデルがキラキラしてました。

先輩妊婦は、どんな妊婦ファッションをしてて、どんな仕事をしてて、どんなバッグや小物にこだわりがあって…。先輩ママと子どもは、どんなブランドのマザーバッグとブランドの妊娠線ケア、どんなブランドの母子手帳ケースをゲットしたか、自分癒しのブランドのボディケア化粧品、ブランドの服をマタニティとして着ていたか…。

圧倒されました。身近に妊婦さんが同居家族にいたり、仲良しの同僚が産休育休を挟んで話を聞くことが多かったりすれば、また印象は違ったでしょうが、私は初めてで妊婦さんってこんな感じなのかぁと受け止めてました。ただ、落ち着いてその紹介されているグッズを調べて総額を出すと、何万円もするし「そこまでお金かけるものなのかなぁ…?」と今後が憂鬱になりました。

その後、たまたまアカチャンホンポに行き、ベビーカーやベビーベッド、ベビーのおもちゃなどを見ました。

「これらを全部揃えるなんて、ますます赤ちゃんを迎えるってお金がめちゃくちゃかかるものなんだΣ(゚д゚lll)」とショックを受けました。

その次に、たまたま西松屋に初めて行った時はホッとしたのを覚えています。そんな高くないんだって(笑)。

前置きが長くなりました!今回のタイトルにある見栄とは「見栄を張る」とよく使われますね。

改めて意味を調べると三省堂の大辞林に「自分をよく見せようとして外見を飾る。」とあります。

気さくで良い人に見せようとするのか、お金持ちのセレブに見せようとするのか、みんなに必要とされている人に見せようとするのか、幸せな結婚をした人に見せようとするのか、他とは違うこだわりを持つ個性的な人に見せようとするのか、など色んな意図があるでしょう。

私は一連の妊娠雑記を綴っていくにあたって、気さくで良い人と、他とは違うこだわりを持つ個性的な人に見せようと見栄を張ります!さあ、成功するのでしょうか(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎?

人に見せる以上は、多少の見栄は張るでしょう。

妊婦雑誌の読モで目立っていたのはお金持ちのセレブに見せようとする人だと感じました。

妊婦がテーマの漫画では、髪振り乱して医者と押し問答してでもフリーランスの仕事を続ける本人の自伝というのもありました。

気さくで、少し笑えるところもあって肝っ玉妊婦で、どこまで脚色してるか分かりませんが、勇気付けられました。

ネット上では、妊娠と結婚が重なり結婚式の準備と体のケア、仕事を今後どうしていくか、今後の生活準備に追われる人の情報もありました。

人に見られる以上は、注目されて共感を得たいという意図があるはずです。とはいえ、頑張れ!と応援したくなりました。

まだ子どもがいない女友達に、あけすけに妊婦の不安をよく吟味もせず垂れ流すと、妊娠と育児に対するイメージダウンに繋がるんじゃないかと心配になって、少し言い方を考えて発言するようになりました。これも女の見栄ですね。一方的なネガテイブイメージを植え付けたくない気持ちはもちろんありますし、少しは「なるべく幸せに見せておきたい」と言う見栄も含む(苦笑)。

自戒を込めて、見栄と本音は自分で分かっておきたいです。見栄っ張りな妻、見栄っ張りなママでは恥ずかしく情けないですよね。妻として親として地に足をつけて成長したいと願います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です